ミュージアムユニバース2015

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年12月18日と19日にせんだいメディアテーク1階のオープンスクエアでミュージアムユニバース2015が行われました。イベントの概要は先日の記事で紹介したので今日は当日の詳しい様子を紹介します。

私達みちのく博物楽団は八木山動物公園さん、うみの杜水族館さんとコラボをして『生きものの不思議にふれてみよう』というブースを出展し、そのなかでケンタッキーフライドチキンの骨を使った骨パズルというワークショップを行いました。身近な教材であるニワトリの骨を通じて自分自身の身体や生きものの構造について考えてもらいました。こどもだけでなく大学生や大人の方も楽しみながら参加してもらえたのではないかと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒトとニワトリを比べるだけでも、脊椎動物の「せきつい」って何のことなのか、腕には何本の骨があるのか、ニワトリの膝ってどこなのかなど、気になる「不思議」はたくさんあります。参加者の方からは「初めて骨のことこんなに真剣に考えました。難しかったけど道を歩く鳩を見る目が変わりそうです」や「次フライドチキン食べる時にこの骨はなんだろうって絶対気になる!」といった感想をたくさん頂きました。新作のワークショップで不安もありましたが、メッセージがちゃんと届いたのだと分かり嬉しかったです。

その他にも動物園と水族館に協力してもらい、さまざまな動物の頭の骨や歯などを並べた展示も行いました。ライオン、ロバ、イノシシ、ラッコの頭を比べてみる機会ってなかなかないのではないでしょうか。たとえばライオンとラッコの頭骨の構造が似ているのはなぜなのか、ロバとライオンの骨格の違いはどんな生活スタイルの違いによるものかを考えることで、骨を見る楽しさに触れてもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

楽団はトークイベント、ミュージアムのとっておきの話「うごく編」にも出演させていただき、標本館で行っている季節の展示作りの裏話や大学祭での取り組みなどを通してミュージアムの魅力発信に学生がどのように関わっているのかという話をさせてもらいました。またミュージアムショップには新作2点を含む楽団オリジナルグッズ4点を出品させてもらいました。

ミュージアムユニバースは年内最後のイベントでした。振り返ってみると今年もたくさんのイベントに参加し、また新しい試みにもチャレンジさせていただいた一年だったなと感じます。これも多くのSMMA関係者や標本館の方のご協力、イベントに足を運んで下さるみなさまのおかげです。ありがとうございました。今後もさまざまなカタチでミュージアムの魅力を発信していきますので、ぜひ標本館やイベント会場でお目にかかれればと思います。来年もどうぞよろしくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。
みちのく博物楽団

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中