南三陸子ども自然史ワークショップ2015

7月20日海の日に南三陸ネイチャーセンター友の会主催の南三陸子ども自然史ワークショップ2015に出展してきました。当日は友の会主催の自然史ワークショップで過去最多の160人近い方が遊びに来てくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みちのく博物楽団のブースは化石の形の違いについて、アンモナイトのぷにぷに化石レプリカを作りながら知ってもらうといった内容でした。今回私達が使用したのは南三陸産とサハリン産のアンモナイト化石なのですが、実は南三陸産と比べるとサハリン産の方がぷっくり立体的なのです。詳しい説明は省略しますが、これは地質の違いが関係していて、化石の周りに頑丈なカプセルのようなもの(ノジュール)ができるサハリンでは、外部からの力による化石の変形が少なくなるためつぶれずに立体感のあるものが取れるのです。「形が全然違うでしょ?」と実物を見せると子ども達だけでなく「ほんとだ!!何で!?」とびっくりしていました。そしてノジュールの話をすると、小学生の男の子達は、「つまりバリアができるって事か!!」と彼らの言葉で理解を深めてくれました。普段は気にしない違いを発見する楽しさを味わって頂けたのではないかと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぷにぷに化石レプリカ作りは様々な色の組み合わせで自分だけのアンモナイトストラップを作って頂けるため、子ども達や保護者の皆様だけではなく、他のワークショップ出展者の方々にも大変ご好評頂きました。これからもより多くの方に学ぶ楽しさを感じて頂けるワークショップ作りに励んでいきたいと思います。

学都「宮城・仙台」サイエンス・デイ2015

2015年7月19日に東北大学川内北キャンパスで行われたNPO法人natural science主催のイベント学都「宮城・仙台」サイエンス・デイ2015にみちのく博物楽団も出展しました。私達は「昔の仙台ってどんなところ?~作って学ぼう!化石折り紙~」という企画を行いました。ざっくりと説明すると、竜の口層から取れる化石の生きものたちを折り紙で作り、どんな生きものがいたのかを知ることによってそのころの仙台がどんな環境だったのかを考えてみようという内容です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

化石ってなんだろうとか、どうやってできるのだろうとか、どうやって昔の環境を知るのだろうといった事を保護者の皆さんにも楽しく知ってもらえるような展示を準備しました。そして折り紙で作ってくれた生きものを昔の仙台の環境を復元した巨大ポスターに貼ってもらい、参加者皆さんの手で賑やかなころの様子を作りあげてもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イベント全体の来場者数は主催者発表で8600人を超え、私達のブースにも800人以上の方が遊びに来てくださいました。予想をはるかに越える大盛況ぶりで、団員一同目を回してしまいました。びっくりするくらいたくさんの方が来て下さいましたが、400万年前の仙台は海の底だったことに対する驚きや化石から分かることの豊富さなど、自分達が伝えたいことをしっかりと伝えることができ、楽しんで頂けたのではないかとお持っています。今年度最初のイベントを良い形でスタートすることができました。